お店の想い

慶長5年(1600年)曽呂利新左衛門より

慶長”曽呂利”という名を頂き、堺にて生そばの店を創業。 

 

元禄8年(1695年)今の味に繋がる

せいろそばを完成させ”堺ちく満”を創業。

 

慶長そして現在、創業より変わらぬ味を継承し続け

 

「お客様に本当のそばを味わって頂きたい」 

 

その想いを受継いでおります。 

 

”曽ろ利”では、”堺ちく満”から脈々と受継がれてきた

暖簾と味を守っていきます。